360度カメラの魅力

360度カメラを使って色々撮影してみました。


360度カメラ RICOH「THETA」

今回使ったのは、RICOHの「THETA」という360度カメラです。最近では家電量販店でも買えるようです。

カメラのレンズが前面と背面に1個ずつ付いた、縦に長いスティック型の本体。普通のカメラとは少し異なる形状をしています。スマートフォンをリモコンにして(専用のアプリが必要)、レンズが見ている風景を確認しながら撮影します。1回のシャッターで360度すべてを一度に撮影することができます。

なにせ一度に360度すべてが撮影できますので、手持ちの場合、撮影している自分の姿まで写ってしまいます 笑。三脚を使えば、少し離れた場所からでも、水平をしっかり保って綺麗に撮影できます。


実際に撮影した360度画像

スマートフォンやタブレットでご覧になると、より臨場感のある画像をご覧いただけます。


どんなことに使えるか

これまでの静止画・動画では、撮影者が捉えた一部分の情報しか知ることができませんでした。
この360度カメラでは、360度すべての景色を取り込みますので、周辺の予備情報までも一つの画像・動画に収めることができます。見ている人により深い理解を得ることができるようになるため、様々な分野での応用が期待できます。

  • 不動産の物件や周辺情報の撮影、お客様への共有として
  • 店舗の紹介、販促として
  • 業務運営マニュアルの静止画、動画撮影として
  • 体験の情報共有ツールとして
  • アクティビティやレジャーの記録として


スタジオミライではこんなこともできます

360度画像・動画を使って、どこに載せるか、どのように見せるかによって様々な展開をご提案しています。

  • 自社ホームページへの掲載
  • 360度画像をデータベース化して照会できるWebシステムの構築(デモはこちら
  • 360度動画を撮影・編集し、Youtubeにを掲載する(他社参考例:JAF水没車両からの脱出


VRゴーグルと併用するとさらに没入感アップ!

さらには、ヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)を使ってみると、さらに没入感のあるリアルな画像として見ることができます。



まとめ

360度画像や3Dを使用したバーチャルリアリティ(VR)の分野は、まだまだ発展途上ではありますが、私たちの日常でも利用しやすくなりました。当スタジオでは、初期導入のアドバイスから、撮影代行、コンテンツ制作まで対応させていただいております。自社のサービスが既存の技術ではなかなか伝わっていないと感じていたら、一度ご検討ください。

    プロフィール

    Webデザインとシステム開発「スタジオミライ」

    Web制作会社に10年勤務 → 小売業界に転身。得意のIT技術で自社のネットショップ管理やSNS運営、新規事業立ち上げに従事するかたわら、他企業の受託制作も行う。その後独立し、スタジオミライを設立。売り手の気持ちがわかるITエンジニアとして企業の問題解決に取り組んでいる。studiomirai.jp